TRADING
  • HOME
  • ROCK OF TRUTH
  • OKI楽NA旅WA vol.11 「沖縄アフロ栄町チュートリアル」 平光輝好

OKI楽NA旅WA vol.11 「沖縄アフロ栄町チュートリアル」 平光輝好

沖縄アフロ栄町チュートリアル

一人旅の場合、1人でリゾートホテル泊まりというのも、何だか小っ恥ずかしい上に、お1人様だと割高になる。
旅仲間を見つける為にゲストハウスをよく利用した。

8年位前に、ゲストハウスで仲良くなったヤツがいるのだが、

身長は170cmアフロ(タイトル写真は別人)
ちょっと濃いめだが、チュートリアル徳井似で、女にモテそうな顔立ちである。
本土出身の当時30歳。
アフロは沖縄へ移住して、5年になると言っていた。
普段は宮古島で農園の手伝いをしているが、
今は米兵相手のBARを手作りする為に、休みを利用して本島に滞在しているらしい。
安い手巻きタバコを吸うようなヤツに、何故そんな金があるのかは不明だが、既に店の内装は終わって、今は備品を買ったり作ったりしている段階らしい。
そんな自己紹介をして、夜はゲストハウスの他の住人を誘って飲みに行く約束をした。
この時、初めて栄町市場に行ったのだが、栄町市場の人気に火が付く前であるにも関わらず飲み屋のスペックの高さとエネルギーに驚愕した。
ビールを頼むと缶ビールが出てくるのだ。これが町の雰囲気にピッタリ合う。
餃子のクオリティも高く、非常に美味い。
更に、沖縄の亜熱帯の夜だ。ビールが止まらない。
他人も友人も関係無い。実に楽しい夜だ!
べんり屋 玉玲瓏
https://goo.gl/fmcL6h
おでん東大(ここもオススメ)
https://goo.gl/tDioEd

こうして初めて出会った奴等と飲みに行くのもゲストハウスの醍醐味である。
こちらが、全くノーチェックだったマニアックな遊び場を知り尽くしている。
アフロとは電話番号を交換したが、それ以来連絡をしていない。
電話番号が変わったのかLINEも繋がっていない。
しかし去年、もしかしてと思い立ち、アフロが働いていた農園のツイッターからアフロを見つける事に成功した。彼は現在、奄美に住んでいるようだ。BARの事は、何1つ触れていないので、多分失敗したのだろう。
ツイートは少ないが、写真を見ても元気そうだ。
アフロには感謝している。
彼が連れて行ってくれたおかげで栄町市場に通い詰める事が出来たのだ。
毎年2度3度と訪れながら、町が賑やかになっていく様子を間近に見る事ができたのだ。
この商店街が躍進したのは、地元民の力である事は間違いない。
多額の税金ではない。
地元を愛する人々のマンパワーが勝ち取った人気なのだ。
そうじゃなければ、汚なく薄暗い商店街に、昼夜問わず、人々が集う事の説明が付かない。
栄町市場は、立ちんぼの女がいたり、深夜12時を回っても、小学生が遊び歩いていたりの不思議スポットではあるが、観光客と地元民が丁度良い距離感で飲める、素晴らしい場所である。
崩れそうなアーケードとバラックで出来た、戦後そのままのような、汚い商店街で十分なのだ。
これ以上の発展は、必要無いと思う。
観光客に媚びる必要もない。
今位が丁度居心地が良いのだ。
オレのような深夜徘徊者の為にも、現状維持をお願いしたい。
http://sakaemachi-ichiba.net/index.html

ではまた

平光輝好