TRADING
  • HOME
  • ROCK OF TRUTH
  • 平日バイアスvol.2「ギタリストは女にモテるか?」快吟堂

平日バイアスvol.2「ギタリストは女にモテるか?」快吟堂

オレは、初期衝動とゆう熟語が、あまり好きではないので、敢えて「なんらかのきっかけ」と言います。
 
其れを以って収入を得ていようと、そうではなかろうと、ギタリストである時間が大分長くなってます。
25周年。
人生の半分超えました。
 
そもそも、何故ギタリストになろうとしたのか。
は、後に語りますが、なんらかのきっかけがあったんですね。
 
コレは、ギタリストじゃなくても、Jリーガーでもいいし、スキージャンプでもいいし、レスリングでもいいし、作家でもいいし、教師でも、自衛官でも、カメラマンでも、泥棒でも、大統領でも、カキ氷屋さんでも、
なんらかのきっかけがあって、そうなっているのだと思います。
 
偶然にも、
なんらかのきっかけと出会うことはあっても、
偶然にも、
突然、野球選手になるヤツは居ない。
なんらかのきっかけと出会ってしまえば、最早、それは必然でしょうよ。
 
だから、今、この有り様になっているのは、なんらかのきっかけを発端とし、こう在りたいと強く望んだ時間が、失われることなく今日まで続いているだけに過ぎない。必然的に(倒置法)
 
今回も、まわりくどく、ごくフツーの事しか語ってません平日バイアス2回目。
テーマの結論を先に述べますよ。
ギタリストは、
女にモテません。
 
事実として、女にモテてるギタリストは、居ます。
しかし、彼奴等は、ギタリストであるコトをライセンスとして、有利なアビリティを得ている訳では決して無く(倒置法)、
 
そもそも!持てる者だから!女に!モテてるんですよ!
 
彼奴等からしてみれば、ギターが弾けるなんてゆうコトぁ、持てる者として生まれ生きていく人生の、オプションの1つに過ぎないんですね。
 
彼奴等のオプションは、
スノボ、スケボーが上手い。ってゆうか、若い頃に流行りそうな趣味一式ソツ無くこなす。
当然ギターもサラリと弾けます。
偏差値だって上の中クラスをキープ。
恵まれた体格。小顔。端整な顔立ち。
運動神経良好。
デカい意味で貧乏を経験してない。
 
…論点がズレてきてます。別のテーマの日に掘り下げましょうか。
 
結論、持てる者はギターが弾けようが、弾けまいが、モテる。
 
持たざる者は、ギターが弾けた程度でモテるコトは無い。
 
断言出来ます。
 
オレは、バンドマンは女にモテると思っていましたよ。
ギターが弾けると、好きな女子が注目してくれるハズと。
そう信じてましたよ。
 
つまり、オレは女にモテたくてギタリストを目指した。と。
断言できます。
 
しかしですね、この、「モテたい」とゆう、ギタリストを目指す始めに起きる、なんらかのきっかけ、オレ的には良いモチベーションだと考えていまして、
思春期を乗り切る最大のエネルギー、
敢えて名付けましょう。
「エロパワー」と。
 
エロパワーは良いです。外部からの補給を必要とせず、思春期の男子であれば、何かをこじらせてるヤツで無い限りは、無尽蔵に湧き出す、最強のメンタル内燃機関じゃないかと考えています。
エロパワー無しに、BPM160のフルダウンピッキングだとか、16分オルタネイトシャッフルハーフミュートだとかは、到底クリア出来っこないでしょうね。持てる者でもない限りは。
 
あれ?
もしかしてオレって、モテる者かも…
と思ってるアナタ、退出してもらって結構ですよー
 
持たざる者は、エロパワーを駆使して上達していくのです。
モテる日が来る事など無いと知らぬまま。
しかし、これは大切な事ですよ。下手クソだったらバンドに誘ってもらえないからね。
それでなくても、持たざる者なのに、下手クソだったらもう、目も当てられないじゃないか。
 
あれ?オレは持たざる者のハズだが、モテた覚えがあるよ?
というバンドマンのアナタ、
それは、美しき誤解に過ぎないんですよ。
断言できます。
 
バンドマンにヤられたいだけの女子の性癖に巻き込まれただけです。
繰り返しますが、
断言できます。
 
これもまた逆説的エロパワーと言えなくも無いでしょうが、悲しいかな美しくない。
女にモテたくて始めたギター。
モテる日が来る事など無く、
マリオネットのイントロも弾けるようになったのに、
来る日も来る日も夢中で弾きこもり、
左手の指先の皮膚が、踵の皮膚のように角質化したのに、
リビンオンアプレイヤーのソロも弾けるようになったのに、
バンドマンにヤられたいだけのエロパワー女子とも巡り合わないまま、
自分が「持たざる者」である事に気付くのに20年を要し、
思春期は遠く過ぎ去り、かつて無敵と思われた自らのエロパワーも、実在したのか幻だったのか、
それでも今夜、この手の中で響く、オープンEは、どうだ?
ステレオから再生する度に、劣化とゆう物を知らない、愛しのレイラのイントロはどうだ?
それでも今、消える事なく此処にある、この情熱は何だ?
25年を経て尚、チューブアンプに灯を入れる度に湧き上がる、この高揚感は?
 
ギタリストは、女にモテない。
だとしても、
オレは、ギターが好きなヤツが、好き。
そして音楽の力、ロックの持つパワーを、信じている。

オレはエレキギターが、
とても好き。
断言できます。
 
 
平日バイアス、今回は、この辺で*
快吟堂